ナチュラルヒーリング・カウンセラーが書き綴る、シンプルで深い宇宙の法則、豊かさと成功の法則。食と心と体とのつながり、エネルギー、思考と潜在意識と現実のつながり。スピリチュアルなエッセンスも加えた、自分探しの日記。ハートに自然の癒しの光が届きますように。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
誕生日「僕はハイジ?」あひると一緒に。
今日(3月7日)は、ちび助の誕生日。
私のおなかから出てきてくれたのが、
もう12年前かぁ。。。

いつだったか、日記に書いたけど、
私は、ずっと健康できて、医者知らずで、
つわりすら、なかったのに、

出産の時に、(本当に、出産は、
何が起こるかわからないと、しみじみ実感しましたが、
人工的に破水をさせたあたりからおかしくなって)

「母体、赤ちゃんともに、非常に危険な状態です、
厳しいことを言いますが、
心拍数もおちています。あきらめてください。」と
お医者さんが私の両親に説明をして、

(うちの、ふだん、おとなしい母が、
お医者さんにむかって、
「何を言うとるんやねー!!あんたら、みとるだけなんかー、
あきらめてくださいって、どういうことやね!
あきらめられるわけないやないの!
だまってみとらんと、やれることをやらんかー!!」と
怒鳴り声をあげていたのが思い出されるんですが、

(※ あ、母は、ふだん、静かで
どちらかというと、おしとやかなおとなしいタイプなんで、
こんな言葉づかいは、絶対しない人です^^;
私も、生まれてはじめて聞いた母の怒鳴った声でした。)

私は、ふりきる陣痛計(←痛みが極限)の横で、
苦しくって、苦痛のために、意識が遠のいていって、
この日に、臨死体験をしたのでした。。。

親戚じゅうがかけつけてくれた中での大手術となり、
本当に奇跡的に、私も、ちび助も、
ふたりそろって生きて手術室から出てくることができた日から、
12年。

あの日がなかったら、
今の私もチビ助も、ここにいないです。

病院から退院してくる日、しあわせそうに、
だんなさんとそろって赤ちゃんを抱っこして
退院している友人をちょっと、うらやましく思ったけど、
でも、私は、
この子と一緒に、生きて退院できるんだ、しあわせだ、と
思って、赤ちゃんと荷物を抱えてこの家にきました。

あの臨死体験の時から、いろんな意識が変わってしまい、
また子どもが粉ミルクを一切うけつけない
(粉ミルクだと、全部、吐き戻しちゃう)
赤ちゃんだったので、
完全母乳育児で、
(ここでも、肉食、砂糖をとったおっぱいでは、
顔をそむけていやいやをして、飲んでくれない赤ちゃんだったので)
自然に菜食、ベジタリアン食を選択するようになり、
一人で子どもを育てるために
(なかなか都合よく、保育所や幼稚園のお迎えの時間までに
働けるところや、子供の行事でお休みがそれるところが
なかったので、自営業で)自然食の仕事をはじめました。

まあ、それからも山あり谷ありで、
笑ったり、泣いたり、悩んだり、ぼやいたりしながら、
自然の流れなのか、まわり道なのか、
必然的になのか、なんなのか、
まわりまわって、今にたどりつくわけですが。。。(^^)

12年、長かったような、あっというま、だったような。

ハハハ、思い出ある誕生日の出来事です。

母は、
「もう恥ずかしいわ~そんなこと(お医者さんにつめよって、
どなったことなんて)忘れたわ。」って笑うけど、
あの時の母の勢いは、すごかった。

いざという時、強いのは、女性かも。(笑)

マクロビオティックの久司先生の奥様のアヴェリン先生も、
おっしゃってました。

「どんなに偉い人でも、どんな人でも、
一人の女性から生まれてくるんですよ。
女性の子宮は、命を育む、命を生み出す宮殿です。
命を育める、生み出せるのは、女性です。
そのことを忘れないようにね。」って。(^-^)

私も、最近、
どこの意識とつながっているのか、
自分でもよくわからないけど、

「異なるものを取りこんで、包み込む、
育み、生み出せる、創造してゆくのは、
女性ならではの役わりなんです。
自然からの呼びかけに声に耳を傾け、
自然の流れに身をゆだね、
つながって、力を合わせて、
地球を宇宙を守っていきましょう。」みたいな
メッセージを受けとりましたから。
(それで、先日ブログにも書いたんですけど^^)

またこれから、
書き綴っていきたいと思っています。


うちのチビ助、
(あ~、もう、チビ助じゃあ、なくなってきたなあ。
私より、足の大きさも大きくなって、
身長も、せまってきました。)
ものすごく動物に、好かれます。(笑)

もちろん、人、クラスの同級生とも、
みな、仲良しでいますが、

特に、犬とか、
もう迷子になっている犬とか、
うちの子のところに、何匹、寄ってきたことか。^^

犬とも、しゃべります。
鳥とも、しゃべります。^^

志村園長の動物園のテレビありますよね、
(ふだん、ほとんど、テレビは、見ないんですが、
NHKの、自然のシリーズのテレビと、
動物のテレビは、好きなので、見てるチビ助です)
あれに登場してくる、
動物の気持ちがよみとれるっていう人、ハイジさん、
ちょっと似てるかもよ~っておだてているんですが。

これ、うちの、じいちゃんが撮った写真です。
(デジタルカメラじゃないフイルムのカメラで撮った写真だったので、
私が、それをデジタルカメラで、撮りなおしたので、
ちょっと写りは、悪いですが、見えますか?)

近くの川にいる(放されている)あひるくんです。
いつも川の近くにいるので、通行人の人から、
パンのかけらを川に放り投げてもらって、それを食べているので、
人に慣れているのは、確かなのですが、
それでも、ふつうは、人から、何メートルも離れたところまでしか、
寄ってこなくて、
じいちゃんでも、この距離が、最短らしいです。
これ以上、近づくと、逃げちゃって、川に行っちゃうから。

でも、うちの子の場合、
川に行って、呼ぶと、あひるくんは、寄ってきてくれて、
ほんとに、仲良く、となり同士で座って、よりそって、
毛づくろいまでしたりして、いっしょに座ってます。

私も、犬くらいなら、ありますけどね。
初対面の犬が、ぽてぽて歩いて近寄ってきて、
ちょこんと、となりに座ってくれたりすることが。
でも、あひるくんは、ないな~。

うらやましいと思ってしまう母(←私)でした。


     :*:.。.:*: 今日もしあわせありがとう:*:.。.:*:゜


Y&あひるくん
スポンサーサイト
© ハートカウンセリング&ナチュラルエッセイ  ~しあわせありがとう~. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。