ナチュラルヒーリング・カウンセラーが書き綴る、シンプルで深い宇宙の法則、豊かさと成功の法則。食と心と体とのつながり、エネルギー、思考と潜在意識と現実のつながり。スピリチュアルなエッセンスも加えた、自分探しの日記。ハートに自然の癒しの光が届きますように。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
劣等感と自己嫌悪感は、どこから?~インナーチャイルド~
前回の日記(「こんなに、がんばってるのに、なんでぇ~。」軸の位置(ポイント)の続きです。

自分は、小さい頃から、
(ま、これも、幼児期にトラウマがあるせいなんだけど)
相手の横に立てば、言葉がなくても、けっこう敏感に、
相手の考えていることは、察知してしまう性格なんで、
先に先に、相手のことを優先して、やっちゃうところがあるんです。

それが、その力を、出すところ、
その力の使い道、というか、利用の仕方、出し方を間違えると、
とんでもなく、つらいところに、いっちゃうってことが
ようやくわかってきました。

まずは、その行動が、
自分の本心、素直な自分の気持ちに基づいて、
おこなっていることなのかどうか、
それが、すっごくだいじですよね。

いや、おこなう、前に、
自分の本心が、素直な自分が、
今、どう感じているか、に、
気づいているか、が、だいじですよね。

もし、劣等感とか、
自己嫌悪だとか、
相手から、きらわれたくないから、きらわれないように、っていう
恐れの気持ちから、とっている行動だったら、
それは、がんばってもがんばっても、苦しい結果を招きます。

自分の本心、自分の素直な気持ちとつながった上で、
判断して、「うん、OK!」って、自分でも感じられて、
少し、高いところから客観的に観てみても、
「気持ちよさ」
「ここちよさ」を感じて選択して、とれる行動だったら、
なんか、そんなに、がんばらなくても、
しあわせにつながっていくんだな、って、
やっと、やっと、わかってきた感じがします。(おそいな~^^;)

そして、
この、
劣等感とか、
自己嫌悪だとか、
相手から、きらわれたくないから、きらわれないように、っていう
恐れの気持ちっていうのは、
どこから、やってくるか、っていうと、

胸に手を当てて、考えると、
じわっと思い出すような感じで、
それを感じた時の気持ちが、
よみがえってくると思うんだけど、

私の場合は、

小さい時に、
母親に言われた、(私は、長女なので)
「おねえちゃんでしょ、しっかりしてなきゃダメでしょ。」っていう
言葉と重なるものがありました。

「おねえちゃんだから、泣いちゃダメでしょ。」
「おねえちゃんだから、がまんできるでしょ。」
「おねえちゃんだから、そんなこと言ってたら、みっともないでしょ。」
そういう言葉が、浮かびあがってきたんです。

私はね、自営業の両親のところに生まれてきたので、
忙しくて忙しくて、ちっともいっしょに、遊んでくれない
母親と、仕事仕事で、出張ばかりで、
全然、顔もあわさない父親との間で、
いちばん敏感な時期を過ごしました。

私には、5歳はなれた妹がいるので、
その、一番遊んで欲しかった時っていうのは、
おかあさん(私の母親)は、
仕事と、赤ちゃんのお世話で、
いっぱいいっぱいだったわけです。

いっしょに遊んでくれたのは、
おとなりのケーキ屋さんの人たち。
それから、もう亡くなってしまったけど、
私の、じいちゃん、ばあちゃん。

今、作りかけている小冊子のほうに、
その頃の話、
なんで、私は、
バニラエッセンスの香りが好きなんだろう、
その香りに、癒されるんだろう、
っていうこととかを書きましたから、
ここでは、もう書きませんけど、
そう基本的なものは、ほとんどが、
幼児期、敏感な時期の過ごし方に、
影響されることが大きいと思うんですよね。

私は、「おかあさん」の様子を、ながめていて、
「ああ、おかあさん、いそがしいんだな、だから、
私は、泣いちゃいけないんだな、
がまんしなきゃいけないんだな、
わぁわぁ、言っちゃあ、いけないんだな、
迷惑かけちゃあ、いけないんだな。」って、
感じとって、黙って勉強している子でした。

本当は、
「ねえ、ねえ、おかあさん、あのね・・・」って、
聞いて欲しかったことがいっぱいあったんだけど。
「ねえ、ねえ、抱っこしてぇ^、おかあさん・・・」って、
もっともっと、抱っこしてほしかったんだけど、
すでに、妹が、おかあさんの背中におんぶされていて、
おかあさんは、妹と、仕事に、とられているので、
私は、それが言えなかったんです。

成績、とてもよかったですよ、
でも、毎回、先生からは、個人懇談の時、
「勉強は、とっても、よくできるんですけどね、
発表が、緊張するのかな、手をあげられないんですよね。」って
言われてました。

そう、私、すっごく緊張するんです。
それは、今も、変わっていなかったりします。(笑)

ずっと、がまんしなきゃいけない、
失敗しちゃいけない、って、思っていたから、
自分の意見、言えなかったんです。
自分の気持ちを見せられなかった。
きちんとやらなきゃ、それが、正しいこと、って、
思っていたから、
迷惑かけちゃあ、きらわれるって、思っていたから、
「いい子」でいましたけど、
苦しかったです。

(まだ、書いていいですか?^^;)

続く。

スポンサーサイト
© ハートカウンセリング&ナチュラルエッセイ  ~しあわせありがとう~. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。